startup-webdesigner_mv

未経験からWebデザイナーに採用!入社前にやっておきたいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、友人が他業種からの転職で未経験だけどWebデザイナーになったよーと連絡がきました。その際に「未経験だけど入社する前にどんなことを学んでおいた方がいい?」と聞かれ、たしかに未経験の人が入社前にどんなこと学んでおいた方がいいのかなーなんて色々考えました。、今回はそんな未経験からWebデザイナーに採用されてから入社までにやっておきたいことや勉強方法を私なりの考えをご紹介します。

実際な話、働きながら・実務の中で覚えることのが一番学べることが多いです。なので、入社前に少し予備知識程度のことぐらいを身に付ければいいんじゃないかなと思います。

Web、情報系の学校、職業訓練などで学んだことがある方ならある程度の知識はあると思いますので、今回はある程度はパソコンを触れるけど「Webデザインってソフトなに使うの?パワポ?エクセル?」ってぐらいのレベルの方でWeb業界、デザインは未経験の方という前提です。

1,本を買う

これを言ったら極論なのかもしれませんが本を1冊〜2冊ぐらい買って読んでみることをおすすめします。

どの本を買えばいいのかわからない!という方に後ほどご紹介しますが、やっぱり本から得る知識は多いです。初心者向けの本を買えば、わかりやすく書いてあるので、Webサイトの作り方の流れ〜とか、デザインのルールとか、1冊でデザインの基礎を学ぶことができます。

ノンデザイナーズ・デザインブック [フルカラー新装増補版] ノンデザイナーズ・デザインブック [フルカラー新装増補版]
Robin Williams,吉川 典秀

毎日コミュニケーションズ
売り上げランキング : 460

Amazonで詳しく見る 

是非最初に読んでほしい本は「ノンデザイナーズ・デザインブック」です。こちらの本は、デザインの経験が無い方向けの本なので、とっても丁寧にかかれており、レイアウトデザインの基本書なのでとってもおすすめします。本書では、デザインの基本原則、フォント、配色などデザイナーに必要になってくることがたくさん書かれています。

レイアウト、基本の「き」 レイアウト、基本の「き」
佐藤直樹,ASYL

グラフィック社
売り上げランキング : 33692

Amazonで詳しく見る

他にも本がほしいという方は「レイアウト、基本の「き」」、「すべての人に知っておいてほしい デザイン・レイアウトの基本原則」などの入門書です。ご紹介した本は私が読んだことある本ですが、本屋さんにいけばたくさんデザインの入門書がありますので、是非実際に行って手にとって読んでみて、しっくりくるような本を見つけてみるのもいいかもしれませんね!

関連記事:新米のwebデザイナー/クリエイターにおすすめしたい書籍やブログ

2,実際に手を動かしてみる

本で見ているだけでは、覚えることができない部分がたくさんあります。実際に手を動かしてデザインをしてみましょう!入社する前にソフトの使い方をマスターすることはできませんが、操作感などには慣れておきたいかなーと!

Webデザインでは、基本的に「Photoshop」というAdobe製品のソフトを使ってデザインをしていきます。数年前まではPhotoshopのソフト単体でも数万円しましたが、2012年より始まったAdobe Creative Cloudでは月単位で契約ができ、1000円ほどでPhotoshopを使うことができます。Adobe製品全部使える(Illustrator、Dreamweaverなど)プランでは月5,000円程度で使い放題です◎

入社前に軽く触っておきたいという方は、30日間は無償で体験版を使うことができます(体験版といっても機能制限などはありません。)

バナーを模写する

いきなり作るって言われてもどうしていいのかわかりませんよね。なので、実際にあるバナーを何個か模写してみましょう。

参考サイト:レトロバナー

上記サイトでは、実際のバナーを集めているサイトで、自分の好きなバナーを保存して、Photoshop上で実際に模写してみましょう。

Startup webdesign 01

配色、バランス、フォント(書体)、素材、テキスチャの使い方など色々考えながら模写してみましょう。バナーによっては、自分のPCに入っていないフォント(書体)、や使っている素材の写真など持っていない場合があるので、まったく一緒になるように作るのは難しいですが、極力模写しているバナーに近づけるように頑張ってみましょう◎

Webサイトを模写する

バナーの模写が慣れてきたら、次にWebサイトを模写してみましょう。お気に入りのWebサイトがあればそのサイトに挑戦してみてもいいですし、下記の参考サイトに掲載されている素敵なサイトを模写してみましょう!

参考サイト:

縦長のwebデザインギャラリー・サイトリンク集|MUUUUU.ORG

WebDesign Bookmark S5-Style

I/O 3000 | Webデザインギャラリー

3,Webデザイナーのブログを読んでみる

現役のデザイナーさんが書いているブログはとっても参考になります。現場でしかわからないようなことなども書いてあるので、読んでみると面白いので今回はいくつかのブログをピックアップしてご紹介します。たくさんありますので、是非是非!色々探して読んでみてくださいね。

コリス

Webサイト制作の最新情報を紹介されています。初めて見るようなキーワードがたくさんでてきますがその都度調べながら見てみるといいかもしれません。更新頻度がとっても◎

Webクリエイターボックス

過去記事では、Webデザインの基礎を学ぶことができる素敵なブログです。

Photoshop VIP

Webデザインに使える素材や、Photoshopのチュートリアルなどを主に紹介しています。どんな素材探していても最終的なこのサイトに辿り着くというすんごいブログ!

Webデザインレシピ

Web制作についてありとあらゆることが書いてあるブログ。1記事1記事がとても丁寧に書かれており本1冊ぐらい読んでいるぐらいのボリュームでお腹いっぱいになるブログです。最近、更新されないのでちょっと寂しいです、、

インプットとアウトプットと『キモチ』

色々なところで使わているようなコトバですが「インプットとアウトプット」。とっても重要です。

入社前にするってようなことではないですが、Webの業界自体とっても流れが早いです。常に新しい技術が生まれ、ちょっと前に勉強していたようなことがあっというまに古くなっていくような面白い業界なので、常に新しい情報はキャッチできるようにおきたいですね!

デザイナーという職種自体も、常にいろいろなデザインができるように色々なモノを見て、自分の中のデザインの引き出し・アイディアを増やしておくととっても面白いものができると思います。私自身もまだまだ胸張って「超いいサイト作れるぜ!」なんて大きい声では言えないですが、インプットとアウトプットをして少しづつ成長できればいいなーと思います!

入社する前に、一番重要なことは「俺・私は絶対いいサイト作れるようになったるぞー!」っていう『キモチ』の部分じゃなかなと思います。スキルの部分はあとから付いてくるので入社前にモチベーション上げて臨みましょうー!

おすすめ記事

  1. Webデザインの図版作成時に気を付けたいポイント
  2. Webポートフォリオを制作いたしました「ポケットラボ ポートフォリオ」
  3. 新米のwebデザイナー/クリエイターにおすすめしたい書籍やブログ
  4. 3日でWebポートフォリオを作ろう!リソースや情報等など(1日目 設計編)

関連記事

PAGE TOP