kodomo_web_design_

子供向け、キッズ向けwebサイトを制作する際に注意する点や、参考サイトのまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子供向け、キッズ向け、webサイトを制作する際に参考になるwebサイトをまとめました。キッズ向けでは、イラスト用いたり、色とりどりと、キッズ向けに作っているかと思いますが、大人の人が見てもワクワクするような楽しめるデザインが多いなーと思いました!また、キッズ系サイトを制作する際の注意点なども考察してみましたので、もし制作する際に参考にしていただければと思います。

 

キッズ系webサイトを制作する際の注意点

デジタル・ネイティブ時代

デジタルネイティブ時代

近年スマートフォン・タブレットなどが普及し初め、手軽にインターネットを楽しめる・利用できる環境があるため子供がとても増えていますね。
デジタルネイティブなどという言葉があるように、生まれた時からインターネット・パソコンがある環境のなかで育ってきた新世代が、インターネットを使いwebサイトを見たり、通販で物を買ったり、ゲームをしたり、当たり前のように使っています。きっとこれからキッズや子供向けサイトを制作するに当たっては配慮していかなければならないですね。

キッズ向け、子供向けということで、教育やエンターテイメント系、食品系のコンテンツを持つ、子供だけをターゲットにした専用のキッズコーナーがあるサイトが多いと感じました。(下記にキッズ系webサイトのまとめがありますので参考に!)

子供が見るのか、親が見るのか、親子でみるのか。

子供が見るのか、子供を持っている親が見るのか、親子でみるのか

上記でお話したデジタルネイティブ世代が増加していくなかで、実際にどのように子供が使っているか、使われているのかは発展途上じゃないかなと思います。webサイトを制作する側が憶測を立てて「たぶん親とリビングで一緒にパソコン(スマートフォン・タブレット)の前使っている」など、子供とwebサイトをみるときってこうだよね、こう振舞っているよね、ということをベースに考えられているのが現状なんじゃなかなーと思います。

デザインする際も、きっとこのデザイン子供好きだよね!とかこの色や配色好きだね!って巷てで思われるいる子供の洞察をベースにデザインしていたりとまだまだ子供サイトのデザインはこうだ!と確実にいえるものが確立していないことも確かだと思います。そのため、キッズ向けコンテンツやwebサイトをたくさんみたり、少し真似していたりすることはとっても大切ですね!

子供向け、キッズ向けと一概に言っても、そのサイトを子供だけで見るのか、子供を持っている親が見るのか、親子と一緒にみるのか、などの状況によってもデザインも大きく変わってくると思います。そういう点も配慮しておきたいですね!子供向けサイトってとっても難しいですね。

 

キッズ系webサイトをデザインする際に参考になるサイトのまとめ

キッズ向けゲームと食育の「チキラー島」

Kid チキラー

  

KISD WORLD

 Kid world

 

グリコ 幼児のみもの

Guriko youji

 

DADWAY

DADWAY

 

えいごであそぼ

Eigo asobo

 

BE-GO

Bego

 

Tokyo Dome City

Tokyo dome city

 

宍粟市 キッズページ

Shishoshi kids page

 

ゆめほたる

Yumehotaru

 

ポケットモンスター

Pokemon

 

学研キッズネット

学研キッズネット

 

関連記事

PAGE TOP