ec_wix_mv

ネットショップ開業がここまで簡単に !「WixStores」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一昔前までは、ネットショップを開業するのは素人レベルでは作ることがなかなか難しく、なかなか手を出しづらいものでした。ですが、昨今ではさまざまなサービスがリリースされ、誰でも簡単にネットショップを開業することができるようになりました。

今回紹介するのは、その中でも500種類のテンプレートから好みのデザインを選ぶことが出来、Webページの作成から発注管理、宣伝まで一元管理できるネットショップ開業ツール「WixStores」をご紹介します。

Wixstore 01

ネットショップ 開業 | Wix.com


ネットショップの始め方

STEP1 テンプレートの選択

Wixstore 02

500種類のテンプレートの中から自分の好みのデザインを選択してみましょう。自分の開くネットショップのジャンル・タイプからもテンプレートを選択することができるので幅広く対応しているところがとても素敵。もちろん、サイト全体の配色や、写真などはあとから変更することができるので、全体的なトーンや、雰囲気、レイアウトなどを中心に自分の好みのテンプレートを探してみたらいいのかなと思います。

好みのテンプレートがない、ゼロから作りたい、という方には白紙テンプレートから作ることも可能です。

STEP2 テンプレートのカスタマイズ

Wixstore 03

好きなテンプレートが決まったら、あとは自由に編集していきましょう。

ボタンの追加、テキストの変更・修正、画像の差し替え、文字のサイズ、色の変更、アニメーション、などなどたくさんのことが、初心者の方でも、ドラッグ&ドロップで簡単に変更することが可能で、専門的な知識がなくても自由に楽しく、ネットショップを作ることができるのでとてもいいサービスだな、と感じました。

Wixstore 04

写真素材もWixよりフリー素材が多く用意されています。かつ、どの写真もクオリティが高い!のでそのまま使えそうですね。

ただ、オリジナルのネットショップにしたい場合は、自分で撮影した商品写真(もしくはプロに撮影してもらったもの)を用意しておいたほうがいいかな、と思います。オリジナルの商品画像を用意することによって、サイト全体のクオリティがグッと良くなります。

商品写真だけではなく、商品紹介文なども是非オリジナルで用意しておきたいですね。

STEP3 完成→公開

Wixstore 05

全体的に写真、テキストなど自由にカスタマイズをしたら、あとは公開するだけです。

公開作業自体はとっても簡単にできますが、ネットショップとして、開業するためにはプレミアムプランの「eコマース」の購入が必要です。

Wixstore 06

WixStoresは、サイトの作成や商品の追加までは無料で行えますが、実際のストア開店するためにはeコマースのプレミアムプランご購入が必要になり、1,642/月となっており、商品の売上げに対する課金などは一切ありません。

詳しい料金の確認はこちらから

詳しい情報は上記を見て頂ければわかりやすいかと思いますが、さまざまな機能・サポートを込みでのこの値段になっているので、適正な値段なのかな、とは思います。

STEP4 公開後

Wixstore 06

WixStoresでは、公開後にもさまざまな機能があり、在庫管理、決済など簡単に行うことができます。

在庫管理

商品の在庫数を設定すれば、あとは注文があるごとに在庫数を自動的に更新します。商品ページの在庫状況も自動的に更新されるので、品切れの商品を間違って販売する心配もないので、在庫管理もとってもラクにできます。

クーポンを作成

値引、割引、送料無料のクーポンを作成したり、購入履歴があるお客様にメルマガを送信できます。「期間限定セール!」「サマーセール」などセール機関の際に、簡単に告知することができます。

まとめ

全体的のデザインの作成〜レイアウト、商品追加など、簡単に作ってみたら二時間程度でできてしまったので、本格的に作ろうと思ったら恐らく一日あればネットショップがすっごい簡単に作れちゃうじゃないかと思いました。

ネットショップを制作会社に発注してみたら何百万も掛かってしまい、そんな予算がないなど思っている地方の小売店、農家、ハンドメイドなど、恐らく一般の方で自分で作ったものをネット使って商品を売りたい、と思っている方って沢山いると思います、そんな方へおすすめしたいサービスでした。

ストア開業して販売するためには月額が発生してしまいますが、どんな感じが雰囲気だけでも触ってみたい、デザインを作ってみて、など販売する前のところまで、すべて無料でするこができるので、是非検討している方は、少しでも触ってみてみることをおすすめします!

おすすめ記事

  1. Illustratorの遠近グリッドツールでビルを作るチュートリアル
  2. 新卒webデザイナーでやっていたこと、入社4ヶ月で退社、それから転職活動の記録。

関連記事

PAGE TOP