紙ポートフォリオの作り方

新卒webデザイナーで採用してもらえるような紙ポートフォリオの作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用でwebデザイナーになりたくて就活でやったこと。の記事を書いた時に、少しだけ紙のポートフォリオの事について触れましたがあまり詳しく書かなかったので、今回はその紙のポートフォリオの作り方をまとめてみましたので、参考になればと思います。

 

webポートフォリオとは別になんで用意するの?

webのポートフォリオは作ったけど、なんで紙ポートフォリオも必要なの?というところ。 面接時に、パソコンが必ず用意されているとは限りません。面接官がパソコンを持っていて、ネットが見れる状態ならWeb上のポートフォリオを見てもらえるので紙ポートフォリオはいらないかもしれませんが、パソコンがない状況の面接では、Webのポートフォリオではあまり意味がありません。 パソコンがない面接で、「事前にWebのポートフォリオは見せてもらったよ」なんて言われた事もありましたが、他の面接時には全然触れてもらえないことも多々ありました。

紙のポートフォリオを持っていれば、その場で見てもらい、質問されたり、説明できたりします。なので紙のポートフォリオはないより、あった方が絶対にいいと思います。

Step 1. 作った作品をリスト化しよう

Portfolio n 01

 自分が今までに作成したきたものを一度、作ったものをリスト化して整理してみましょう。ポートフォリオに入れる、入れない問わず、リストアップしましょう。 紙などに適当に書きながら整理していってもいいので自分がわかりやすいようにまとめていきます。自分が過去になにを作ったか、どんなものを作ったものをリスト化すると、後々楽になります。

Step 2.ポートフォリオに載せる作品の選定

Step 1.でリストにした作品の中からポートフォリオに載せる(載せたい)作品を選定しましょう。

Step 3.レイアウトしていこう

Portfolio 02

 リスト化した作品が揃ったら、実際にレイアウトしていきましょう。まずはラフ段階なので、簡単に紙などに手描きなどで軽く書いていければいいかと思います。

Webデザインのポートフォリオの場合は、PCサイト(またはスマホサイト)やバナー、イラスト、などがメインになってくるかと思いますので、極力大きく見せることができるレイアウトにしたいですね。ごちゃごちゃさせずに、一つ一つの作品を目立たせ、作品をよく見てもらえるように。 「ここはこんな風にしたい。こんなコメントを入れたい。」などの情報もメモしておくといいかもしれませんね!

個人的に必須だと思う項目は

■作品の写真(スクリーンショット)

■公開しているURLがあれば、URLの記載

■コンセプト、または作品の説明

■制作時期、制作期間

Step 4. デザインしていこう

ラフ段階でレイアウトが決まったら、ポートフォリオの全体的のデザインしていきましょう。

色々なデザインなどを参考にして世界でただ1つのオリジナルポートフォリオを作っていきましょう!

カテゴリがわかるように、ページの右上などにアイコンなどを入れて、カテゴリ分けしてあげたりすればわかりやすいかも。いろいろ方法はあると思います!

気を付けなければならないこと

Portfolio 03

私は今までに2冊、新卒活動時にポートフォリオを作りましたが、最初の1冊目のポートフォリオは今、見返すと恥ずかしいほどの出来映えなのです、適当さ加減がでており破り捨てたいところではありますが、思い出としてとってあります。(恥ずかしくて見せれませんが><;)

私もやってしまいましたが、レイアウトがバラバラだったり、コンセプトの説明が少なかったり、これでは折角作った作品なのに、伝えたいことが伝えられずにデザイナーを目指している人のポートフォリオとしては失格です。

なので揃えた方がいいところは揃えて、レイアウトを考えて配置して、きちんとコンセプトと説明を記入しましょう。私のポートフォリオも最初はこのぐらい酷かったです。

Step 5. 印刷、ファイリングしていこう

A4サイズ30穴 バインダー【黒】 F951

デザインが終わったら印刷し、ファイリングしていきましょう。 おすすめはファイルは30穴のリングファイルです。

リングファイルだと作品が増えた時などに随時追加することができます。かつ30穴だとかっちりとファイリングできます。 書店などにいくと、リングファイルは沢山種類があるので、実際に見て、触って色々見てみるといいかもしれませんね。ちなみに私は、家電屋のカメラコーナーにあった写真用?のポートフォリオのリングファイルを購入しました。

中に入れたい作品

作品が沢山あったり、少なかったりとどちらにしても色々迷いそうですが、Webデザイナー志望ならやっぱり自分でデザインしたwebデザインを入れたいですね。応募するのがWebの会社なので力量を判断できるWebデザインの作品は見たいと面接官は思います。

とりあえずなんでも入れておけばいいんだよね?

「あんまり作品ないし!なんか適当に作ったやつでも入れておけばいいか!」 なんてことはしてはいけないませんよ!制作途中だったり、クオリティが著しく低いと思うものはいれてはいけません。ポートフォリオ全体にクオリティに響いてきます。

自分の中で自身があるものをポートフォリオの中へいれていきましょう。

作品がないよ!

全然作品がないよー、という方もいるはずです。私もそうでした。 そういう方は今からでも作りましょう。作品がなかったら評価もされることもありません。

今から作るとすればおすすめは、架空の企業サイトや、ECサイトなどのWebサイトをデザインすることをおすすめします。企業サイトやECサイトは、利用者や観覧者が多かったり万人に見られたりするので、UIやデザインなどいろいろ考えられています。かつ架空の企業サイト、ECサイトを作れば、ロゴ、バナーも作ることができます。

そして応募する企業側も企業サイト、ECサイトの評価しやすいと思います。

もしくはラインサーズなどのアウトソーシングサービスを利用して、架空のサイトのデザインではなく実際の案件コンペなどに参加してデザインを提案みても面白いかもしれませんね!

作品ができたら、ポートフォリオに入れておきたい項目

作品ができたら、その作品を説明できるようにしなければなりません。

【作品概要】 

【アピールポイント】どこをどのように工夫したのか

【いつ作ったか】制作していた時期や期間

【使用した技術】photoshopやIllustratorなどのツール

【ターゲット】誰をターゲットに?

【目的】なんのために作ったか。なにに使用するのか。 などの項目は入れておきたいですね。ここは、リスト化する時に考えておけばいいかもしれませんね!

まとめ

全体的の流れは (作品がなかったら制作する)→ 作ったものをリスト化する → レイアウトを決める → デザインしていく → 印刷する → ファイリングする

最後に

実際にポートフォリオを見てみたいという方は、カッコいいポートフォリオが載っている書籍がでているので見てみるのもいいかもしれませんね。色々見て最高のポートフォリオを作りたいですね! わからないことやご質問などあればお答えします!コメントか@pocktlabへ!

就業中、給与のこと、転職のことなどはこちら!

新卒webデザイナーでやっていたこと、入社4ヶ月で退社、それから転職活動の記録。

おすすめ書籍

必勝!  ポートフォリオ入門クリエイティブ業界に就職するためのポートフォリオの実例集クリエイティブ業界に就職するためのポートフォリオの教科書クリエイターをめざす人のための、人の心を動かす三ツ星ポートフォリオの企画「虎の巻」―グラフィック・広告・WEB・空間・プロダクトデザイン、アニメ、ゲーム、CG クリエイティブ業界を目指す人のための ポートフォリオ見本帳ポートフォリオ・クリエイション (自分を売り込むプレゼンの成功例)creator〈2012〉

おすすめ記事

  1. 国内の大学のブログデザインがいろいろとかっこいい!

関連記事

  • ひろよん

     いつも素敵な記事をありがとうございます。さて、質問なのですが、学生や業界未経験の場合は架空の企業サイトやECサイトを作るとよいという話はよく聞くのですが、具体的にはどんなジャンルの企業が良いのか(面接でアピールしやすいとか自分で作りやすいとか)お聞きしたいです。
     またひとつのサイトにつき、どれくらいの階層まで作り込めばいいのでしょう?また写真とか素材集めやコンテンツの文言等はどのようにされましたか?お答えいただければ幸いです。

    • ハヤシ

      ご返信遅くなり誠に申し訳ありません。
      管理人のハヤシです。

      ジャンルはIT企業などで大丈夫です。
      商用サイト、企業の案内サイトなど様々ありますし、ここがあまり納得いかないようでしたら、
      自分で会社を作った気分で作ってみるのもいいんではないでしょうか?(web制作会社とか)
      (自分の会社は強みはココだ!とか、こんなことやっている会社だ!とか後々作りやすくなるのではないでしょうか?)

      どのぐらいの階層という質問ですが、
      トップページ、各カテゴリの下層ページ、イベントページ、ぐらいで大丈夫だと思います。
      下層ページですが、会社案内や事業案内、アクセス、ブログなどでしょうか?
      イベントページには、なにか架空のイベントを作ってみるのも面白いとおもいます。(イベントページへ飛ばすバナーなども作れますし!)

      文言ですが、上記で書いたとおり、自分で会社を作った気分で作ったサイトなら自分で考えた文を書いたら面白いかも?しませんね!
      でも自分で文を考えるのは結構難しいですよね!そうしましたら「テキストテキストテキスト」など、テキストが入るんだよーとわかるようにしておいてもいいと思います!

      写真は自分で撮った写真を使ったりしました。しかしイメージに合うような写真がなかったらフリーの写真素材を拾ってきて使ったりもしました。
      写真以外の素材ですが、これも極力自分で作ったものを使用しました。でもフリーでも沢山素材はあるので使ったり、拾ってきた素材を加工して使ったりしました。

      質問内容と取り違えてたら、すいません!また質問お待ちしております!
      できるだけご協力いたしますので、私に答えれる質問でしたらなんでもしてくださいね!

  • ひろよん

    具体的なご回答ありがとうございました。他のサイトではなかなか聞けない話が聞けたようでとてもうれしいです。
     ちなみに架空のECサイトを作ろうかと思ったのですが、商品の写真ってどうしたものかと悩んでます。フリーで拾ってきたものだと写真の質にばらつきが・・・。みなさんはどのようにされているんでしょうか?
     写真がすべてではないとも思いますが、全体のクオリティに少なからず影響するとも思いますし、すこしでも今の自分で出来るベストなものにしたいと思っています。
    お暇なときにでもお答えいただけると幸いです。

    • ハヤシ

      コメントありがとうございます。

      ECサイトで商品の画像を揃えるのはなかなか難しいですよね。
      確かに写真によってクオリティは上下するかと思いますが、おそらく採用する側の方にやりたいことは伝わると思うのでフリーの写真でも十分だと思います。

      それより、サイト全体のクオリティを上げたほうがきっと評価が高いとおもいますよ!

      作品一つ仕上げるのもいいですが、ポートフォリオのクオリティをこれでもか!ってぐらいに上げた方がきっと評価が高くなるとおもいます。

      色々難しいとは思いますが、是非頑張って作り上げてみてくださいね!
      もし完成したら見せてくれたらちょこっと嬉しいです。(コソッ)

  • ひろよん

    参考になりました。また、たびたびの質問に丁寧に答えていただきありがとうございました。
    いつか、いい結果でもってご報告できればと思います。そのときはコソッと。

  • Pingback: ポートフォリオ | HappyGoLucky

  • Pingback: 新卒webデザイナーで採用してもらえるような紙ポートフォリオの作り方 | 授業進行状況ぶろぐW

  • Pingback: 新卒webデザイナーで採用してもらえるような紙ポートフォリオの作り方 | 授業進行状況ぶろぐW

  • aya

    はじめまして!いつも拝見させていただいてます^^

    面接用の作品を今作成中なんですが、よく、質の高いもの、センスのいいものがいいと聞きますが、どんな基準で判断したらいいか、素人では判断が難しく。。海外サイトなど含め、今年の流行に沿ったようなサイトがいいのでしょうか?(ブラウザ画面いっぱいの背景サイトや、パララックス効果使用のもの

    など)。ご教授いただけると幸いです。

    又、jqueryで作る縦長サイトを作成してみようと思ったのですが、どこかのサイトであれはキャンペーンや広告用に適していると書かれていました。

    こういうレイアウトは面接用には適していないでしょうか?

    作るとしたら横幅960pxとかの幅固定の方がいいんでしょうか?

    質問ばかりですみませんが、教えていただけないでしょうか?

    • http://nh-lab.com/ ハヤシ

      はじめまして、ハヤシです。

      いつも見ていただきありがとうございます!
      コメントありがとうございます、ご返信遅れまして申し訳ございません。

      早速ですが解答させていただきます。

      >よく、質の高いもの、センスのいいものがいいと聞きますが、どんな基準で判断したらいいか、素人では判断が難しく。

      こちらはポートフォリオサイトのことでよろしいでしょうか。

      実際に国内や海外でもいいのですが、他の方のポートフォリオのサイトを見た時に、自分の中でかっこいいな!可愛いネ!なんて思ったことありませんか?

      きっと自分が思ってるということは他の方から見てもそのサイトがきっといいものだと思います。

      どんな基準ということなので、自分が好きなサイトを基準にしてみてはいかがでしょうか。実際に色々にポートフォリオを見ても、まったくどれも同じものがありません。ということはどれが正解で、どれが外れかなどはないということです。

      なので、実際に好きなポートフォリオサイトのレイアウトだっり、デザインであったりを少し真似しながら作り始めてはいかがでしょうか。作りはじめだしたら自分の色や味が出せれるようになれますよ!

      >>(ブラウザ画面いっぱいの背景サイトや、パララックス効果使用のものなど)

      こちらは、メリット、デメリットがあるかと思います。

      メリットとしては、最近流行りのデザインや動きを取り入れてるということで、流行を勉強しているネ!、面白いネ!と思ってくれる方もいます。

      その面白いネ!って思ってくれるところから、サイト見た時、印象に残って面接してくださったりする場合もあります。

      なので、印象に残るように、面白い表現ができる、ということがキャンペーンサイト、広告サイトに使われている理由の1つにあります。

      デメリットとしては、”難しい”です。
      デザインだったり、情報の整理だったり、色々な面で結構難しいかなと思います。

      奇をねらいすぎて、本当に見てもらいたい作品集が見てもらえず、、なんてことがあったらもったいないですよね。

      でも、フルスクリーン、パララックスやら、それらがうまく使っていればとっても素敵なサイトができると思います!

      面接時に、一番みるのはやっぱり過去の作品です。
      その作品が、どのように作って、どういう思いで作ってきたかが知りたいと思います。
      見せたい作品を、どう見せるかかがポイントです。そいうところを面白い見せ方ができればきっといい評価がもらえますよ。

      >>作るとしたら横幅960pxとかの幅固定の方がいいんでしょうか?
      横幅960pxは一般的なので、広げたり、狭くしたりする理由が無ければ960pxでいいかと思います。といっても表現するデザイン次第ですが!

      長くなってしまいましたが、質問内容の取り違えてすいません!
      そういうことじゃないよ!ってありましたらお気軽に言ってくださいネ!
      私にできることがありましたら、お力になれたらと思います。

      ayaさんのポートフォリオサイトを楽しみに待っています。

  • Pingback: Webの情報を手に入れるために毎日やっていること(クリエイティブ編) | cyansoda

  • Pingback: 新卒webデザイナーで採用してもらえるような紙ポートフォリオの作り方 | win201302blog

  • Pingback: 新卒webデザイナーで採用してもらえるような紙ポートフォリオの作り方 | win201302blog

PAGE TOP